グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



奨学金制度


日本学生支援機構とは

独立行政法人日本学生支援機構は、教育の機会均等に寄与するために学資の貸与その他学生等の修学の援助を行う機関です。
奨学金は、貸与奨学金で経済的理由により修学に困難がある優れた学生に対し貸与されます。
       区  分 給付/貸与 月額 対象
学科・専攻
          備  考
日本学生支援機構 給付 第Ⅰ区分 自宅通学者 29,200 全学科 返還義務なし
生計維持者の収入により第Ⅰ区分~第Ⅲ区分に分類(年1回支援区分の見直しあり)
学業成績等に係る基準あり
(高等学校の評定平均値3.5以上又は入学者選抜試験の成績が入学者の上位1/2の範囲に属すること)
自宅外通学者 66,700
第Ⅱ区分 自宅通学者 19,500
自宅外通学者 44,500
第Ⅲ区分 自宅通学者 9,800
自宅外通学者 22,300
貸与 第一種 自宅通学者 20,000 全学科 無利子貸与
卒業後10~12年間程度で返還
学力基準(高等学校2・3年の成績3.5以上)あり
30,000
45,000
自宅外通学者 20,000
30,000
40,000
51,000
第二種 自宅、自宅外共通 20,000 全学科 有利子貸与(年利3%以内)
卒業後9~16年間程度で返還
在学中に金額の変更が可能
30,000
40,000
50,000
60,000
70,000
80,000
90,000
100,000
110,000
120,000

申請手続

募集案内は掲示でお知らせします。申請する学生は学生室から必要書類を受領し指定された期限までに提出してください。書類が不備な場合は受理できませんので、提出する前に必ず確認してください。

奨学生の採用

奨学生の採用決定は掲示でお知らせします。学生室から関係書類を交付します。
採用後、期日までに返還誓約書を提出します。返還誓約書の提出がない場合は、採用を取消し、振込済の奨学金は返還してもらいます。

奨学金の交付

奨学金は、毎月11日頃(4月、5月は20日頃)に指定の銀行預金口座に振込まれます。初回の振込は1年生の予約採用は5月、在学採用は7月の予定です。

奨学金の継続手続と返還

継続手続

奨学生は12月から2月に「奨学金継続願」をインターネットにより日本学生支援機構に送信しなければなりません。方法については掲示でお知らせしますので必ず手続きしてください。なお、期限までに提出しない場合は、資格を失うことになります。

返還

満期、辞退等で貸与が終了した場合は、所定の方法で返還しなければなりません。貸与終了後、引き続き在学する場合、又は進学した場合は「在学届」を提出することにより在学中は返還が猶予されます。高等学校等で日本学生支援機構奨学生であった学生は、入学後「在学届」をご提出してください。

異動の届出

退学、休学、復学、辞退等の異動があった場合、銀行口座、住所等の変更があった場合は、速やかに学生室に届け出て、所定の手続きをとらなければなりません。

その他の奨学金

静岡県社会福祉協議会

    区 分 給付/貸与 月額   対象学科・専攻           備  考
介護福祉士修学資金 50,000 社会福祉学科介護福祉専攻 貸付け初回に入学準備金、最終回に就職準備金として、それぞれ20万円を加算可
卒業後、1年以内に県内の対象施設で介護等の業務に5年以上従事したときは全額返還免除
保育士修学資金 50,000 社会福祉学科社会福祉専攻
こども学科
貸付け初回に入学準備金、最終回に就職準備金として、それぞれ20万円を加算可
卒業後、1年以内に保育士登録を行い、保育士として県内の保育所等の業務に5年以上従事したときは全額返還免除

国の教育ローン

日本政策金融公庫 国の教育ローン(日本政策金融公庫のWebサイト)

モバイル表示

PC表示