グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた活動指針のレベルの引き上げ(1月24日付)


ホーム > ニュース > 新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた活動指針のレベルの引き上げ(1月24日付)

静岡県内の新型コロナウイルスの新規感染者が増加し、県は国に対し「まん延防止等重点措置」の適用を要請したところであります。こうした状況を踏まえ、本学危機管理委員会において、「新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた静岡県立大学の活動指針」のレベルを、1月24日から引き上げることとしました。

<変更内容>
教育、教員活動および学生の研究活動を、レベル2からレベル3とする。
学生の正課外活動、事務業務、会議、出張・旅行を、レベル2からレベル4とする。

学生や教職員の皆さんには、以下の点についてご留意の上、本学活動指針を踏まえ、適切な行動を取られるようお願いします。
•人の移動や集会、面談等には感染リスクが伴うことや、自分自身あるいは相手が、既に感染しているかも知れないという意識を、常にお持ちくださるようお願いします。
•会話時は必ず不織布マスクを着用していただき、人と接触する機会を低減することについて、これまで以上に対策をお願いします。
•大人数での行動は、特に注意が必要です。飲食を伴う会合は、なるべく、家族や日頃行動を共にする少人数に限り、同一グループで同一テーブル4人まで、食事は黙って食べ、会話は必ず不織布マスクを着用、短時間でお願いします。
•「感染しない、感染させない」ための感染防止行動をお願いします。

今後も引き続き、学生への指導を徹底するとともに、感染拡大防止対策の一層の推進に努めてまいります。
2022年1月24日
静岡県立大学・静岡県立大学短期大学部 事務局

モバイル表示

PC表示