グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



令和3年度 静岡県立大学短期大学部公開講座(オンライン講座)


ホーム > 産学連携・地域貢献 > 社会人向け講座 > 令和3年度 静岡県立大学短期大学部公開講座(オンライン講座)

【受講生のみなさんへ】
アンケートに質問のあった内容について、お答えできる範囲において
講師からの回答を掲載しました。

講義内容に関する講師への質問と回答

今年度の受付は終了しました。多数のお申し込みありがとうございました。
令和3年度 静岡県立大学短期大学部公開講座(オンライン講座)の参加者を募集します。
昨年度に引き続き、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、例年の対面による集合形式ではなく、オンライン講座(YouTube上での動画による講義(ビデオオンデマンド形式))にて本学の公開講座を開催いたします。YouTube上での動画の視聴は、事前にお申し込みされた受講者のみ可能です。また。動画公開期間内であれば、自宅などで自分の好きな時間に何度でも受講できます。

令和3年度のテーマは 「SDGsから私たちの役割を考える」 です。

開催方法 オンライン講座(YouTube上での動画による講義(ビデオオンデマンド方式))
動画公開時間 10月13日(水曜日)12時00分~10月27日(水)12時00分
受講対象 受講制限なし(15歳以上推奨の内容です)
費用 無料
申込期限 9月30日(木曜日)必着
その他 4回連続講義ですが、いずれかお好みの講義のみ受講することもできます。

■ 異性のペンネームを使う作家たち

―19世紀イギリスにおける事例から―

講師:短期大学部一般教育等 講師 有元 志保
【ゴール5.ジェンダー平等を実現しよう】
ペンネームは作家にとって、自己を表現する重要な手段です。19世紀のイギリスで異性のペンネームを使用した女性・男性作家たちの人生と作品に触れ、作家のジェンダー観や、その背景にある社会の価値観について考えてみましょう。

■ 歯科治療の現在、過去、未来

講師:短期大学部歯科衛生学科 教授 有泉 祐吾
【ゴール3.すべての人に健康と福祉を】
歯科治療を受けられたことがありますか?
その時はどのような歯科治療でしたでしょうか?
歯科治療も昔とは、だいぶ変わってきています。
今回は歯科治療の中でも、むし歯治療に関しての現在と過去、そして近い将来についてお話したいと思います。

■ 誰も取り残さない社会をつくるために

―どうしたら貧困をなくすことができるのか―

講師:短期大学部社会福祉学科社会福祉専攻 准教授 中澤 秀一
【ゴール1.貧困をなくそう】
子どもの貧困について考える―どうしたら貧困をなくせるのか。いま国連が達成をめざしているSDGs(持続可能な開発目標)には17のゴールが定められていて、ゴール1が「貧困をなくそう」です。どうすれば貧困をなくすことができるのでしょうか?貧困を防ぐという観点から解説します。

■ 子育て支援は誰のため?

―すべての子ども すべての親を主人公に―

講師:短期大学部こども学科 教授 永倉 みゆき
【ゴール10.人や国の不平等をなくそう】
「子育て支援」という言葉は、もう今では聞かない日がないほど私たちの生活に溶け込んでいますね。「子育て支援」はいつから何のために生まれたのでしょうか。そして、いったい誰のためにあるものでしょうか。改めて考えてみませんか。

お申し込み・お問い合わせ先

申し込み方法

9月30日(木曜日)締切(必着)
申込フォーム 又は ハガキ、FAX、Eメールのいずれかの方法で、下記1~7を記入の上、お申込みください。
受付後、資料を郵送します。(10月11日(月曜日)までに資料が届かない場合は問い合わせ先までご連絡ください。)

  1. 「県立大学公開講座 短期大学部希望」
  2. 郵便番号・住所
  3. 氏名(ふりがな)
  4. 年齢
  5. 電話番号
  6. 講座を知ったきっかけ
    (例:駅、公共施設などのポスター、チラシ、県・市町村の広報誌、大学からの案内、家族、知人 など)
  7. 次回以降の公開講座や一般県民向け講座の募集案内の送付希望の有無


お申し込み・お問い合わせ先

静岡県立大学短期大学部 公開講座担当
〒422-8021静岡市駿河区小鹿2丁目2-1
電話:054-202-2606
FAX:054-202-2612
Eメール:tan-koho@u-shizuoka-ken.ac.jp


申込フォーム(別ウィンドウが開きます)

静岡県立大学公開講座

ライブラリ

モバイル表示

PC表示