グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ



学びの特色・教育目標

少人数による演習・実習教育の充実

社会福祉学科の教育目標および学びの特色について説明します。


社会福祉学科の特色

a)社会福祉専門職の養成
社会福祉学科は、複雑多様化した現代社会における福祉ニーズに対応できる介護福祉士、保育士、社会福祉士(実務経験2年必要)資格取得の教育を行います。

b)少人数による演習・実習教育の充実
社会福祉学科は、少人数により演習・実習指導を充実させ、学生と教員が常に討論でき、学生の個別支援を重視した教育を行います。

c)地域における開かれた教育の推進
社会福祉学科は、地域社会との連携を重視し、福祉サービスの利用者理解に努め、地域における開かれた教育を行います。

社会福祉学科の教育目標

学科の理念を実現するために、次のことを教育目標としています。

1.地域社会の変化に関心を持ち、福祉の担い手として主体的に発展向上させる能力を養う。

2.多様な福祉ニーズに対応できるように、総合的に物事を判断できる能力を養う。

3.対象者の自立と自己実現を目指して、保健・医療分野と連携し協働できる能力を養う。

4.人に対して暖かい眼差しを持ち、あらゆる場面において人権を尊重することができる能力を養う。

5.社会福祉専攻では、相談援助のできる保育士と、高度な社会福祉専門的知識と技術を兼ね備えた社会福祉士を育成する。また介護福祉専攻では、視野が広く応用力のある介護福祉士を養成する。