グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ



歯科衛生学科の授業・実習風景

歯科衛生学科の授業・実習風景を紹介しています。

歯科衛生学科学内実習

歯科衛生学科の授業の中で、実習は重要な役割を果たしています。実習には、臨地実習(学外施設実習)と学内実習があります。臨地実習には、歯科医院実習、保健所等実習、老人保健施設実習、障害児実習、学校実習、口腔外科学実習(総合病院口腔歯科)などがあります。臨地実習は3年次の前後期にわたって行い、臨床現場および保健・医療・福祉の複合化の中での歯科衛生士の役割を修得します。
学内実習には、う蝕予防処置実習、歯周疾患予防処置実習、地域歯科保健実習、学校歯科保健実習、障害者歯科保健介護実習、歯科診療補助・支援実習、歯科材料実習などがあり、1年次の後期から多くの時間をかけて行います。学内実習の目的は、歯科衛生士として臨床現場で実施する業務の基本を学内で修得することです。患者さんを想定して、学生同士で練習することにより、歯科衛生士としての技術を修得し、また患者役として、歯科を受療する患者さんへの理解を深めます。

学校歯科保健実習の練習風景

学校歯科保健実習の練習風景

学校歯科保健実習の練習風景

学校歯科保健実習の練習風景

これらは、学校歯科保健実習の集団指導の練習風景です。幼稚園や小学校を訪問し、歯科保健の大切さを理解してもらい、実際に歯みがき指導を行います。そのために、事前に見学訪問をし、指導計画案を作成してから、実施のためのシナリオ、媒体を作成し、練習に入ります。この写真は、1回目の予演会の様子です。原稿を見て、確認しながら動いているので、まだぎごちないですが、臨地実習当日はみんな素晴らしい俳優・女優に変身して学校歯科保健指導を実施します。