グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



公開講座


平成29年度 静岡県立大学短期大学部公開講座の参加者を募集します。

平成29年度のテーマは「災害に備える」です。

会場 静岡県立大学短期大学部 教育棟
(〒422-8021 静岡市駿河区小鹿2丁目2番1号)
本学への交通アクセスはこちら>>
時間 各回13時00分~14時30分
募集人員 各回60人
受講対象 15歳以上の県民
費用 無料
申込期限 9月22日(金曜日)必着

平成29年度公開講座パンフレット

クリックすると画像が開きます


10月14日(土曜日)

終了しました。ご参加ありがとうございました。

「減災」から「防災社会」へ

講師:静岡大学 防災総合センター長/教授 岩田 孝仁

会場の様子

講座の様子

「減災」で良しとすると対策はこの程度でいいという甘えの構造が出てくる。「減災」で良しとせず、被害「ゼロ」を目指す原点の「防災」を目指すべきであり、様々な災害事例から「防災社会」構築への方向性を探る。

10月21日(土曜日)

終了しました。ご参加ありがとうございました。

避難時の健康維持

講師:短期大学部一般教育等 准教授 林 恵嗣

会場の様子

講座の様子

避難時には、エコノミークラス症候群をはじめとした様々な健康問題が生じます。また、普段とは異なる生活環境になることで強いストレスを感じます。このような環境で健康を維持するためにできることを考えてみましょう。

10月28日(土曜日)

終了しました。ご参加ありがとうございました。

住民支え合いによる災害時の要援護者支援

講師:短期大学部社会福祉学科 准教授 江原 勝幸

会場の様子

講座の様子

地域での災害時の要援護者支援について、どこから手を付け、どう進めていいのかわからないという声をよく聞きます。この講座では、要援護者の避難行動や避難所生活の問題に焦点を当て、地域で求められる具体的な支援方法を学びます。

11月4日(土曜日)

終了しました。ご参加ありがとうございました。

どうする?災害時の介護 ~福祉を支える支援体制の「強」と「弱」~

講師:短期大学部社会福祉学科 准教授 鈴木 俊文

講座の様子

会場の様子

近年、災害時の介護をとりまく支援体制は劇的な変化をみせています。「災害時要援護者の避難支援」「福祉避難所の確保と運営」「災害派遣福祉チームの誕生」。本講座では近年しくみ化されたこれらの制度を紹介し、災害時の介護について考えます。

お申し込み・お問い合わせ先

申し込み方法

9月22日(金曜日)必着
ハガキ、FAX、Eメール、いずれかの方法で、下記1~8を記入の上、お申込みください。申込み多数の場合先着順。募集人員に達しない場合、募集を延長する場合があります。

  1. 「県立大学公開講座 短大会場希望」
  2. 希望日明記(複数日希望可)
  3. 郵便番号・住所
  4. 氏名(ふりがな)
  5. 年齢
  6. 性別
  7. 電話番号
  8. 講座を知ったきっかけ
    (例:駅、公共施設などのポスター、チラシ、県・市町村の広報誌、大学からの案内、家族、知人 など)


お申し込み・お問い合わせ先

静岡県立大学短期大学部 公開講座担当
〒422-8021静岡市駿河区小鹿2丁目2-1
電話:054-202-2610
FAX:054-202-2612
Eメール:sizstu3@u-shizuoka-ken.ac.jp

モバイル表示

PC表示