グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ



社会福祉学科で取得できる資格

社会福祉学科で取得できる資格について説明しています。


社会福祉専攻

保育士

指定された科目を履修し、各都道府県の保育士登録簿に登録することで、卒業時に保育士資格を取得できます。

社会福祉士(※注)

(※注)
本学卒業後、社会福祉施設(指定施設)で相談援助の業務を2年以上経験する、または福祉系の四年制大学に編入し、指定科目を履修し卒業することで、社会福祉士国家試験受験資格が得られます。
国家試験合格後、登録手続きを行う事で、社会福祉士資格の取得となります。
本学では、社会福祉士を目指す卒業生を対象に社会福祉士国家試験受験対策講座を開催しています。

社会福祉主事(任用)

指定された科目を履修することで、卒業時に社会福祉主事任用資格を取得できます。

介護福祉専攻

介護福祉士

指定された科目を履修することで、卒業時に介護福祉士国家試験受験資格を取得できます。国家試験合格後、登録手続きを行うことで、介護福祉士資格の取得となります。(ただし、平成29年3月までに卒業する学生は、国家試験を受験する必要はなく、登録手続きを行うことで、卒業と同時に資格が取得できます)

社会福祉主事(任用)

指定された科目を履修することで、卒業時に社会福祉主事任用資格を取得できます。