グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ



事故処理マニュアル

事故への対応についてご説明します。


看護学校総合補償制度(以下、「Will」とする)に加入した学生は、在学している間の正課中、大学行事中、課外活動中および大学内の休憩中に生じた急激、かつ、偶然な外来の事故によって身体に傷害を被った場合には保険金が支払われます。

事故が発生したときは、直ちに学生室にご報告ください

交通事故が発生したら

1 負傷者の救護
負傷者がいる場合、救急車を呼ぶ等直ちに救護措置を行います。(軽傷であっても、必ず病院で受診してもらってください。自分も被害にあった場合は、受診してください。)

2 事故車の移動
二次災害防止のため、車両を安全な場所に移動します。

3 警察への通報
軽微な状況であっても、加害・被害を問わず、必ず警察へ通報します。

4 相手の確認
加害・被害を問わず、相手方の心情に十分配慮しながら、運転免許証等により、相手方の住所・氏名・勤務先・電話番号・連絡先・車両ナンバー・任意保険加入の有無等を確認します。

5 事故状況と目撃者の確認
事故状況の把握は、賠償額の決定に重要な要素となりますので、お互いの走行速度、停車位置、信号の状況等メモします。目撃者がいれば後日の協力をお願いします。 

6 学生室への連絡
 速やかに学生室(電話:054-202-2609、2610、2611)へご連絡ください。


保険金の請求手続き

1 事故が発生したときは、直ちに学生室に報告してください。

2 保険金の請求は下記の書類を学生室経由で保険会社に提出します。
・保険金請求書
・医師の診断書(ただし、請求金額が10万円以下で後遺傷害がない場合には、治療状況申告書に診察券等を添えて提出すれば、医師の診断書の提出は不要。)
・その他(入院した場合は入院日数を記載した病院等の証明書。)

保険金の支払い

保険会社からは保険金請求書が届いてから原則として30日以内に保険金が支払われます。