グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ



子どもの健やかな育ちを考えるワークショップ



「子どもを健やかに育てたい」と考えるのは全ての人に共通した考えでしょう。しかし、実際には色々な理由でそれに叶わない育ちの環境にある子どもが
存在します。
 これらの現状を含み、子どもについて改めて地域のみなさんと共に考えるワークショップ、「子どもの健やかな育ちを考えるワークショップ」を開催します。

 ワークショップは10月、12月と2月の3回開催を予定しており、それぞれ別のテーマで、講演とワークショップ等を行います。
 ワークショップに参加し、子どもを主体に、子どもの幸せを改めて考えて
みませんか。

第3回 「特別なニーズ(障がい)のある子どもの支援を考える」(平成30年2月10日開催)

第3回 ワークショップ「特別なニーズ(障がい)のある子どもの支援を考える」の参加者を募集します。参加費は無料です。

本学こども学科の学生によるパネルシアターの上演(羽衣の物語)も予定しておりますので、皆さま是非お越しください。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

第3回チラシ

クリックするとPDFファイルが開きます

<日時>
平成30年2月10日()
13時30分から16時30分まで
(開場は13時から)

<場所>
静岡県立大学小鹿キャンパス
(静岡市駿河区小鹿2-2-1)
教育棟205講義室を予定しております。

<テーマ>
「特別なニーズ(障がい)のある子どもの支援を考える」

<内容>
第1部(講演)
演題「共生社会の実現に向けて - 子どもの視点から保育や教育を見直す -」
講師 久保山茂樹さん(国立特別支援教育総合研究所総括研究員 臨床発達心理士)

第2部(提言・ワークショップ)
テーマ「子どもの居場所に寄り添う - 家庭・保育・教育という場 -」
【提言者】
家庭から  津田明雄さん(静岡県自閉症協会 会長)
保育の現場から  成瀬由美子さん(静岡市立東新田子ども園 園長)
教育の現場から  渡邊満昭さん(静岡市立番町小学校通級指導教室 教諭)

※第2部の中で静岡県立大学短期大学部こども学科学生によるパネルシアターの上映(羽衣の物語)を行います。

<定員>
60名(どなたでも参加できます)

<申込み> ホームページ又はFAXでお申込みください。
◆ホームページからのお申込み
https://service.qubo.jp/u-shizuoka-ken/form/index/0a7b1c9b9(別ウインドウで開きます)

◆FAXでのお申込み
チラシ裏面に必要事項を記入いただき、
FAX番号 054-202-2640 までお送りください。

※お申込みにあたっては、下記についてお知らせください。
参加者氏名、住所、連絡先、勤務先、預かり保育の有無
預かり保育を希望される方は、お子さまの氏名、年齢(学年)

<主催>
静岡県立大学、静岡県立大学短期大学部、静岡市番町市民活動センター


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 本ワークショップは、静岡県立大学が行う「地(知)の拠点整備事業(COC事業)」における、地域を志向した研究のひとつとして実施するものです。
 この研究は、子どもの成長と子どもを取り巻く社会環境に着目し、地域の実情を踏まえながら考えるものことを目的としています。
 (研究代表者:静岡県立大学短期大学部こども学科 准教授 副島)

第2回 「多文化の中での子どもの育ちを考える」の様子(平成29年12月3日開催)

第2回「多文化の中で子どもの育ちを考える」は終了しました。
多くのご参加ありがとうございました。


初冬の風が冷たい12月3日(日)、静岡市番町市民活動センターにおいて、第2回「子どもの健やかな育ちを考えるワークショップ」を開催しました。
 第2回は、「多文化と子どもたち」をテーマに、外国籍あるいは外国に住んでいた日本籍の子どもたちへの支援について、静岡県立大学国際関係学部の高畑幸先生のお話しを聴いたあと、「学校給食」(静岡ムスリム協会:アサディみわさん)、「学習支援」(多文化共生を考える焼津市民の会・いちご:谷澤勉さん)という現場に沿った話題を提供していただきました。

静岡県立大学高畑幸准教授による講演の様子

静岡県立大学高畑幸准教授による講演の様子

参加者によるグループワークの様子

参加者によるグループワークの様子

静岡県立大学短期大学部こども学科の学生によるハンドベルで、一足早いクリスマス気分を楽しみました

静岡県立大学短期大学部こども学科の学生によるハンドベルで、一足早いクリスマス気分を楽しみました

グループワークでは、「私も、このような子どもたちがいることを初めて知った。これからはもっと色々な場所に出かけてき、多くの人と交流を持つことから始めたい」などの活発な意見が飛び交いました。
 現代社会の中には「多様な子ども」が存在しています。私たちはそのような子どもの一人ひとりに寄り添い、個別の配慮をしていく必要があります。皆さんもそのような子どもたちの“困り感”を理解し、よりよい子どもの育ちを考えてみませんか?


チラシ

クリックするとPDFファイルが開きます

~ 以下は事前のご案内です ~

<日時>
平成29年12月3日()
14:00~16:30まで(開場 13:30)

<場所>
静岡市番町市民活動センター
(静岡市葵区一番町50)

<テーマ>
「多文化の中での子どもの育ちを考える」

<内容>
第1部(講演)
演題「外国にルーツを持つ子どもたち」
講師 高畑 幸准教授(静岡県立大学国際関係学部)

第2部(ワークショップ)
テーマ「多文化の子育てを実践するために」
講師 アサディみわさん(静岡ムスリム協会・事務局長)
「ムスリムの子どもたちと学校給食」
講師 谷澤 勉さん(多文化共生を考える焼津市民の会・いちご代表)
「外国にルーツを持つ子どもたちの学習支援」

<定員>
60名(どなたでも参加できます)

<申込み> 静岡市番町市民活動センターまでお申込みください。
【方法】電話(054-273-1212)または、メール(mail(ここに@を入れてください)bancho-npo-center.org)

【必要事項】お申込みにあたっては、下記についてお知らせください。
参加者氏名、住所、連絡先、勤務先、預かり保育の有無(お子さんの氏名・年齢・学年)
※第1、第3水曜日は休館日のため、電話はつながりません。

<主催>
静岡県立大学、静岡県立大学短期大学部、静岡市番町市民活動センター


第1回「子どもの遊びを考えよう!」の様子(平成29年10月1日開催)

第1回「子どもの遊びを考えよう!」は終了しました。
多くのご参加ありがとうございました。


平成29年10月1日(日)に、静岡市番町市民活動センターと住吉公園において、第1回「子どもの健やかな育ちを考えるワークショップ」を開催しました。
当日は、日本冒険遊び場づくり協会理事、天野秀明さんによる講演「遊びってどうして大切なの?」の後、住吉公園に移動しました。公園では、子どものワークショップ代表、浦部利志也さんとともに遊びを実践。親子でワクワクしながら隠れ家づくりを楽しみました。
参加したこどもたちは遊びに「夢中」になり、大人は、子育てにおける自由な遊びの大切さを感じる時間となりました。

講義の様子

講義の様子

遊びの実践の様子

住吉公園での遊びの実践の様子

学生による手遊びやダンス

こども学科の学生による手遊びやダンスの様子

私たち大人は、「子どもを健やかに育てたい」と考えています。しかし、様々な理由でその考えにそぐわない環境にいる子どもたちも存在します。本ワークショップでは、このような環境の子どもたちについて、地域のみなさんと共に、改めて考える機会を提供します。多くの方が関心を持たれ、ご参加いただけることを心よりお待ちしております。

チラシ

クリックするとPDFファイルが開きます

~ 以下は事前のご案内です ~

<日時>
平成29年10月1日()
13:30~17:00まで(開場 13:00)

<場所>
静岡市番町市民活動センター
(静岡市葵区一番町50)

<テーマ>
「子どもの遊びを考えよう!」

<内容>
第1部(講演)13:30~14:45
演題「遊びってどうして大切なの?」
講師 天野秀明さん(日本冒険遊び場づくり協会 理事)

第2部(体験)15:00~17:00
テーマ「ワクワク!チャレンジ 公園遊びを10倍楽しむ方法」
講師 浦部利志也さん(子どものワークショップ 代表)
※第2部は住吉公園に移動して実際に遊びます。
雨天の場合は室内に変更します。

<定員>
第1部 60名(どなたでも参加できます)
第2部 15組(5歳から小学校3年生までのお子さんと大人)
※第2部に参加する方は遊びを楽しめる服装でお越しください。