グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ



特別講演(薬物乱用防止~危険ドラッグの危険性~)


特別講演ポスター


【特別講演】薬物乱用防止~危険ドラッグの危険性~

(クリックすると、ポスターが開きます)

【特別講演】薬物乱用防止~危険ドラッグの危険性~

日時:平成26年10月2日(木)5限目(16:20~)
場所:静岡県立大学短期大学部 講堂


講師には、静岡南警察署 生活安全課 田代正彦課長にお越しいただき、
ドラッグの危険性について、わかりやすく説明していただきました。
ドラッグはダメ絶対という強い意志を持つことが大切です。

「ダメ!危険ドラッグ
軽い気持ちが、取り返しのつかないことに!」


  最近、店舗やインターネット上で、「合法ハーブ」等と称する商品が販売されており、こうした商品を使用した人が、意識障害、おうと、けいれん、呼吸困難等を起こして、死亡したり、重体に陥る事件が多発しています。
  これら商品は、覚醒剤、麻薬、大麻など規制薬物の化学構造に似せて作られており、規制薬物と同等の作用を有する成分を含む商品が多く、大変危険です。
また、合法と称して販売する商品の中に麻薬や指定薬物等の違法な薬物が含まれていた例もありますので絶対に手を出してはいけません。