グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ



ホスピタル・プレイ・スペシャリスト 第10回 国際シンポジウム&ワークショップ



平成30年2月10日(土)にホスピタル・プレイ・スペシャリスト 第10回
国際シンポジウム&ワークショップを開催いたします。
テーマは「健やかに成長し続ける子どもたちを支えるホスピタル・プレイ
~ 病院と地域の垣根を低くするための連携 ~ 」です。

小児医療・児童福祉・特別支援教育関係者の方、ホスピタル・プレイおよび遊び支援に関心をお持ちの方は是非ご参加ください。

------------------------------------------------------------------

チラシ

クリックするとPDFファイルが開きます

◆日 時:平成30年2月10日(土)
   10時00分 ~ 17時00分

  開 場:9時30分  開 会:10時00分

◆テーマ:健やかに成長し続ける子どもたちを支えるホスピタル・プレイ
~ 病院と地域の垣根を低くするための連携 ~


◆会 場:静岡県立大学短期大学部
    (静岡市駿河区小鹿2-2-1)

◆対 象:小児医療・児童福祉・特別支援教育関係者
ホスピタル・プレイおよび遊び支援に関心をお持ちの方(学生含む)

◆参加費:無料(但し、資料代2,000円が別途かかります)

◆お申込み:事前にお申込ください。ただし、当日参加も可能です。

①専用フォームでのお申込み
専用フォーム(別ウインドウで開きます)
※HPS会員の方は、ログインの上、お申込みください。
※一般の方は、ユーザー登録の上、お申込みください。

②申込書でのお申込み
以下の申込書に必要事項をご記入いただき、メール、FAX、郵便にてお申込みください。
※メールの場合は、必要項目を本文に入力して頂いても構いません。

---------------------------------------------------------------

チラシ・申込書はこちら


<お問い合わせ・お申し込み先>
静岡県立大学短期大学部 HPS事務局(〒422-8021 静岡市駿河区小鹿2-2-1)
TEL/FAX:054-202-2652
Email:info(ここに@を入れてください)hps-japan.net

HPS Japanのホームページへ

※詳細はこちら
(別ウィンドウで開きます)

尚、翌日2月11日(日)にはシンポジウムでも基調講演をお願いしている
Elizabeth Lydia先生(英国ドーゼット州教育委員会)による視覚や聴覚、発達障がいや難病など多様な医療ニーズを持つ子どもを遊び支援のあり方を学ぶ
第6回スキルアップ講座『~すべての子どもとつながるために~
子どもの尊厳を守るホスピタル・プレイの方法を学ぶ』
を開催します。
詳細はNPO法人ホスピタル・プレイ協会のホームページ(別ウインドウで開きます)、またはチラシをご覧ください。


ホスピタル・プレイ・スペシャリストとは?
Hospital Play Specialist(以下、HPS)は、遊び(ホスピタル・プレイ)を用いて、医療環境をチャイルドフレンドリーなものにし、病児や障がい児が医療とのかかわり経験を肯定的に捉えられるようにするため、小児医療チームの一員として働く専門職です。
HPSの専門教育は1960年代に英国ではじまり、現在ではニュージーランド、オーストラリア、香港において国の文化や状況にあった養成がおこなわれています。日本では、平成19年度に静岡県立大学短期大学部が文部科学省の委託を受けHPSの養成を開始し、3か年の委託期間終了後は社会人専門講座として継続して実施しています。

昨年度の様子(平成29年1月21日開催)

平成29年1月21日(土)にホスピタル・プレイ・スペシャリスト 第9回国際シンポジウム&ワークショップを開催しました。
全国各地から133名の方にご参加いただき、午前は重症心身障害児・者施設つばさ静岡小児科医による基調講演に始まり、オーストラリアの作業療法士による講演、また、障害を持つ子どもの親御さんと本シンポジウム主催者によるトーク形式の講演を行い、日本におけるホスピタル・プレイについて振り返るとともに、今後の遊び支援のあり方について考えました。

講演の様子

講演の様子

また、午後から行われたHPSによる参加型ワークショップでは、日本と海外におけるホスピタル・プレイを紹介するとともに、子どもにやさしい医療を実現するための活動を体験していただきました。

ワークショップの様子

ワークショップの様子