グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ



オペレッタ (子ども向け音楽劇)

第4回保育内容(表現)オペレッタ発表会


毎年、こども学科・社会福祉学科社会福祉専攻1年生は、授業「保育内容(表現)」の中でオペレッタ制作活動に取り組んでいます。
保育者を目指す学生たちは、この創造性あふれる表現活動を通じて、気持ちをひとつにして取り組む力、仲間を思いやり、助け合い、協力し合う力を付けていきます。
脚本・音楽・演出・道具製作など学生自らが取り組み、授業時間外も練習を重ねて作品を作り上げてきました。
7月3日(月)に行われた発表会では、近隣のこども園の園児を始め多くの方々に観ていただきました。
実際に子どもたちの前で演じたことで、子どもたちの反応の素直さや保育者のやりがいを感じることができました。
学生からは、
・仲間との絆が深まり、表現することがすごく楽しかった。
・子どもたちの反応がとても嬉しかった。
・代表だけが頑張るのではなく、自分の役割や責任感を学べた。
・仲間のプラスの面を見つけられた。
などの感想が聞かれました。
表現することは人間の本質であり楽しいということを実践を通して感じてもらえたと思います。この表現を通じて、子どもの表現にも気づいてあげられる保育者になってくれることを願っています。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

Aチーム「虫バイキンをやっつけろ!」
歯みがきが嫌いなはなちゃん。いつものように歯みがきをしないでいたら、友達がバイキン達に連れ去られてしまった!はなちゃんは、ハブラシマン、ハミガキ粉マンと共に友達を助けることができるのか・・・!?

Bチーム「にこにこてあらい」
手を洗わないで遊んでいたまほちゃんたち。後から来たまゆちゃんたちとケンカになってしまいます。そこに石鹸の妖精とバイキンが現れて・・・

<以下は事前のお知らせです>

チラシ

画像をクリックするとPDFが開きます
(PDF:430KB)

こども学科と社会福祉学科の保育士、幼稚園教諭を目指す学生が「保育内容(表現)」での学びの成果として、学生オリジナルによる歌とダンス、ストーリーで構成された“子どものための音楽劇”を発表します。

■日時
2017年(平成29年)7月3日 月曜日
13時20分~14時20分

■場所
静岡県立大学短期大学部 講堂
(〒422-8021 静岡市駿河区小鹿2丁目2番1号)
<<本学のアクセスマップはこちらです
※お車でのご来場はご遠慮ください。

■お申し込み
入場無料(事前申し込み不要)
どなたでもご覧いただけます どうぞ直接会場へお越しください。

■スケジュール
13時20分 開演
◯オープニング「しずおかのこどものうた」メドレー
◯オペレッタ「虫ばいきんをやっつけろ!」
◯オペレッタ「にこにこてあらい」

お問い合せ先

静岡県立大学短期大学部 こども学科
E-mail:
藤田:fujita(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp
山本:yamamoto(ここに@を入れてください)u-shizuoka-ken.ac.jp



<以下は昨年度開催時の様子です>

第3回保育内容(表現)オペレッタ発表会(静岡県立大学創立30周年記念事業)

2016年(平成28年)7月11日月曜日、静岡県立大学短期大学部においてこども学科と社会福祉学科の保育士、幼稚園教諭を目指す学生が学びの成果としてオペレッタ発表会を開催しました。このオペレッタは、毎年「保育内容(表現)」の授業の一環として行っているもので、受講している学生44名がグループに分かれて約3カ月をかけて演技の練習や舞台背景・衣装等の制作に取り組んできました。今年は、オープニングに「しずおかのこどものうた」メドレー、オペレッタ「なかなおりのリンゴ」、オペレッタ「けんたとようせい」を披露し、学生たちは練習の成果をステージいっぱいに表現していました。学内外から60名の方にご来場いただき、学生にとってたいへん励みとなりました。ありがとうございました。

鬼頭学長のあいさつ

オープニング「しずおかのこどものうた」メドレー

Aチームオペレッタ「なかなおりのリンゴ」
ある森の中で、いじわるなライオンくんが手下と一緒にいつも動物たちをいじめていました。でも本当は仲良くしたいライオンくん。さあライオンくんは動物たちと仲直りできるでしょうか!?

Bチームオペレッタ「けんたとようせい」
にんじんが嫌いなけんたくん。ある日森に迷い込んでしまいます。そこにはようせいたちが住んでいて…

こども学科 1年生
社会福祉学科社会福祉専攻 1年生
(保育内容(表現)受講者)