グローバルナビゲーションを飛ばして本文へ

グローバルナビゲーションを飛ばしてローカルナビへ

グローバルナビゲーションを飛ばしてフッターナビへ



一般選抜

平成30年度入学者選抜(平成29年度実施)

一般選抜は平成30年度大学入試センター試験の成績を利用します。個別学力検査等は課しません。


出願資格

次のいずれかに該当する者で、かつ、平成30年度大学入試センター試験において本学が指定した教科・科目を受験した者に限ります。
1 高等学校(特別支援学校の高等部を含む。)又は中等教育学校を卒業した者及び平成30年3月卒業見込みの者
2 通常の課程による12年の学校教育を修了した者及び平成30年3月修了見込みの者
3 外国において、学校教育における12年の課程を修了した者又はこれに準ずる者で、文部科学大臣の指定した者及び平成30年3月修了見込みの者
4 専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者
5 文部科学大臣の指定した者
6 高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者(大学入学資格検定規程による大学入学資格検定に合格した者を含む。)及び平成30年3月31日までに合格見込みのある者
7 その他本学において、相当の年齢に達し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者(出願資格の認定は下記のとおりとする。)

外国人卒業生(平成30年3月卒業見込みの者を含む。)等で出願資格の「7」により出願しようとする者は、平成29年9月22日(金)までに静岡県立大学短期大学部学生室に申し出て、出願資格認定審査の手続きについて指示を受けてください。


一般選抜日程

・出願期間 平成30年1月22日(月)~1月31日(水)
(午後5時必着。郵送のみ受付。出願者が持参しても受付ません)

・合格発表 平成30年2月23日(金)
(合格者の受験番号を学内に掲示するとともに、合格者に合格通知を郵送します。本学ホームページでも発表します。電話等による合否の問い合わせには一切応じません。)

出願時の注意事項
・学科間、専攻間、及び学科・専攻間での併願は認めません。
・なお、併願が判明した場合は、すべての志願について失格とし、検定料も返還しません。


大学入試センター試験の利用教科・科目

新高等学校学習指導要領による、平成30年度大学入試センター試験利用教科・科目については、下表のとおりです。

平成30年度大学入試センター試験利用教科・科目表

大学入試センター試験の利用教科・科目個別学力
検査等
教科科目名等
歯科衛生学科必須国語「国語」課さず
外国語「英語(リスニングテストを含む)」
選択数学
理科

「数学II」、「数学II・数学B」
「化学」、「生物」、「物理基礎」、「化学基礎」、「生物基礎」の7科目から1科目又は2科目(注)を選択
社会福祉学科
 ・社会福祉専攻
必須国語「国語」課さず
外国語「英語(リスニングテストを含む)」
選択地理歴史
公民
数学
理科
「日本史B」、「世界史B」、「地理B」、
「現代社会」、「倫理」、「政治・経済」、「倫理、政治・経済」
「数学I ・ 数学A」、「数学II」、「数学II・ 数学B」、
「化学」、「生物」、「化学基礎」、「生物基礎」の14科目から1科目又は2科目(注)を選択
社会福祉学科
 ・介護福祉専攻
必須国語「国語」課さず
外国語「英語(リスニングテストを含む)」
選択地理歴史
公民
数学
理科
「日本史A」、「日本史B」、「世界史A」、「世界史B」、「地理A」、「地理B」
「現代社会」、「倫理」、「政治・経済」
「倫理、政治・経済」
「数学Ⅰ」、「数学Ⅰ・数学A」、「数学Ⅱ」、「数学Ⅱ・数学B」、「簿記・会計」、「情報関係基礎」
「物理」、「化学」、「生物」、「地学」、「物理基礎」、「化学基礎」、「生物基礎」、「地学基礎」
24科目から1科目又は2科目(注)を選択
こども学科必須国語「国語」課さず
外国語「英語(リスニングテストを含む)」
選択地理歴史
公民
数学
理科
「日本史B」、「世界史B」、「地理B」、
「現代社会」、「倫理」、「政治・経済」、「倫理、政治・経済」
「数学I ・ 数学A」、「数学II」、「数学II・ 数学B」、
「化学」、「生物」、「化学基礎」、「生物基礎」の14科目から1科目又は2科目(注)を選択

 「大学入試センター試験の利用教科・科目」の取り扱い
 選択の教科・科目について、本学が指定した教科・科目の中から複数受験した場合は、そのうちの得点の高い教科・科目を使用します。
(注)教科「理科」の科目のうち「物理基礎」、「化学基礎」、「生物基礎」、「地学基礎」の中から選択する場合は、各学科・専攻の利用科目から2科目選択すること。